ギャンブルが観光業にもたらす恩恵とは
続きを読む
日本におけるギャンブルと観光
続きを読む

JINRAIGER.COMにようこそ

多くの国が、様々な観光地に大規模カジノを建設し、さらなる収益、露出、投資家の獲得を実現しています。本記事では、カジノが観光に与える影響と、それがいかにして国の経済の後押しになるかを解説していきます。

ブログからの最新

ギャンブルが観光業にもたらす恩恵とは

ギャンブルが観光業にもたらす恩恵とは

世界有数のカジノに目を向けてみれば、カジノがいかにして観光を促進しているかが分かります。米国、マカオ、オーストラリアなどがその好例です。2016年だけでも、ネバダ州ラスベガスには4,000万人以上の観光客が訪れました。 

カジノによって観光産業が成長しているのはこうした国だけではありません。シンガポール、フィリピン、モナコ、カンボジアといった小国も、カジノ目当てで訪れる観光客による観光業の収益増加を実現しています。 

カジノツーリズムはいかに他の産業に影響を与えているか 

カジノツーリズムの素晴らしい点は、世界中から数多くの観光客がその地を訪れることです。カジノに多くの観光客が集まることで、他の産業にも恩恵があります。カジノがある場所には、ホテル、リゾート、レストランがあります。そのため、ホテル、カジノ、レストラン間の提携はごく一般的なものとなっています。 

カジノは戦略的な立地とマーケティングによって観光、そして経済全体に影響を与えます。 

海外からの労働者の存在 

たとえばオーストラリアのカジノでは、多様な顧客に対応するために海外からの労働者が多いのが特徴です。中国からのハイローラーの流入により、中国語を話せるディーラーの需要が再び高まっています。一部のカジノでは、台湾などから中国語を話せる労働者を雇用しているところもあります。 

これにより中国のハイローラーたちは地元にいるように感じられるため、より多くの中国人ギャンブラーたちが足を運んでくれる可能性が高まります。 

国を超えた市場への影響 

一部の国ではギャンブルは違法です。しかし、ギャンブルをしたい人々はそれでも諦めません。彼らはカジノが合法化されている最寄りの国を訪れ、国際的にギャンブルを楽しんでいます。彼らが自国では手に入れられないものを提供することで、新たな市場開拓のチャンスが生まれます。 

現在カジノ人気高まっている 

豪華なカジノを利用するにはお金がかかるため、誰にでも手が出せるというものではありません。しかしオンラインカジノなら、特に人気の高いカジノゲームであるブラックジャックなどを楽しみたいというプレイヤーは、簡単にゲームにアクセス可能です。家にいながらにして、インターネット接続さえあれば誰でもオンラインカジノにアクセスして、すぐにカードゲームを始めることができるのです。 

まとめ 

カジノと観光の関係性は、でご紹介してきた事項により確認することができます。カジノ産業は、観光および経済全体に好影響を与えるとまとめることができます。当然ながら、観光客を呼び込むためにゲーム産業に強く依存している経済は果たしてどうなのかという疑問はもちろんあるでしょう。 

日本におけるギャンブルと観光

政府は日本の観光強化のために統合型リゾート(IR)を後押ししています。 

「私たちは日本の自然、文化、歴史、伝統を活かし比類なきスケールとクオリティを誇り、高い国際競争力で観光客を呼び込めるようなIRを実現するため、それらを最大限に活用していきたいと考えています」当時の内閣におけるIRの責任者を務めていた石井啓一元国土交通大臣はそう述べています。 

しかし反対派からは、海外からのカジノ観光客増加効果に疑問の声が上がっています。2017年に日本政策投資銀行と日本交通公社が実施した調査によると、海外による日本のカジノに対する関心はあまり高くないことが明らかになっています。 

この調査は韓国、中国、米国、英国、フランスをはじめとする12カ国の国民を対象に行われ、日本に旅行する際のIRへの関心についての質問が行われました。そこで明らかになったのは、カジノに興味があるのは全体のわずか7%であったのに対し、ショッピング46%旅館、ホテル43%、テーマパーク40%という結果でした。 

多くの地域および民間企業による調査では、IR利用客は海外からの観光客よりも日本人が圧倒的に多くなるとの予測が出ています。 

大阪府は、仮に2024年に人工島である夢洲にIR施設が誕生した場合、1,300万人の利用者のうち72%938万人が日本国内からの利用者になるとの試算を発表しています。 

広告

最近の投稿

RSS ウェブサイト上